SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
過去のニュース
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Lab 画竜点睛

サイト内の画像及びテキストの転載、二次利用は著作権の侵害にあたる行為であり、固くお断りします。作品画像につきましては著作権者の許可を得て掲載しております。
<< 4月の営業日程 | main | 5月の営業日程 >>
第52回富士フイルムフォトコンテスト 入賞作品展

 3月23日、富士コン表彰式&懇親会が行われました。Mr.Seizo Aoyagiの御計らいで小高氏と共にご招待いただきました。ありがとうございました。

富士フイルムスクウェア入り口にて。
展示会場にて。おめでとうございます!
審査して下さった田沼プロと記念撮影。
小坂ご夫妻も地元茂原から駆けつけられました。会場で御遭い出来るとは思いませんでした。遠くからありがとうございます!
表彰式。おめでとうございます!
全国から入賞者が集まりました。
自由作品を審査された田沼プロの講評。
ネイチャーを審査された丹地プロの講評。
フォトブックを審査されたテラウチプロの講評。
集合写真。今年もフォトコンに載るでしょう。100万円がうらやましい。
フジコン大賞の真後ろにMr.Seizo Aoygi。来年の大賞を予感させる?
パーティーが始まりました。お供の我々も御馳走になりました。
田沼プロのサインをいただき、ご満悦のMr.Seizo Aoygi​
海岸愛護コンテストでもお世話になっている丹地プロと。
テーブルでご一緒した奥畑氏、真里谷氏。お二人とも全国展で名前を拝見するカメラマンです。この度はおめでとうございました。
富士フイルムの島田部長。倉富二氏。富士フォトギャラリー調布でもお世話になりました。調布主催のコンテスト、復活希望です。
テラウチプロのサイン入り作品集。良い記念ですね。
 ※真里谷様、ご住所をメール頂ければ記念写真をプレゼントいたします。
懇親会終了です。写真家の皆様、また連れてきて下さい。再び表彰式でお会い出来る事をお祈り申し上げます。
 今回の富士コン自由部門も千葉県で一人の御入賞でした。狭き門です。仕上げ担当として青柳氏の晴れ舞台に立ち会えた事、感謝しております。残念ながら昨年は入賞作を手がける事が出来なかったので、この度の入賞は感慨一入です。また第50回の表彰式も秋葉氏からご招待いただいておりましたが、震災で中止になりました。実に三年ぶりの表彰式でした。お招きいただきありがとうございました。
 丹地先生の講評で「加工された写真が多い」「写真はリアリティを追求して欲しい」とのご指摘。中国の写真コンテストで合成が発覚し、入賞者の半分以上が失格になった事がございました。(入賞させる前に確認しろと思いますが……。)「写真」の明確なカテゴライズが必要な気がします。写真の本分は記録です。絵画とは違い、空間と時間が同時に存在する比類無きジャンルと考えます。嘘が無いから写真は素晴らしい。富士コンは純写真の砦であって欲しい。その舞台に沢山の作品を送り出したいですね。
快く記念撮影に応じて下さった審査員の先生方、入賞者の皆様、ありがとうございました。
富士フイルムのスタッフの皆様、御馳走様でした。
【Mr.Seizo Aoyagiの入賞作品はこちら】
| フォトコンテスト | 08:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
フジフィルムフォトコンテスト表彰式でお会いした大門 重久と申します。当日は名刺が無く失礼致しました。奥畑さんと一緒にいた者です。奥畑さんに会ったら大川さんに写真を送って貰ったら記念になるよと助言頂き、厚かましいお願いでですが私にも送って頂けないでしょうか。
〒321-0942 栃木県宇都宮市峰3-31-40 大門 重久宛 宜しくお願い致します。(該当写真はHP掲載順で6枚目と11枚目です。青柳さんの隣です。)
| 大門 重久 | 2013/06/20 4:59 PM |










トラックバック機能は終了しました。